初めて芝刈り・雑草取り・草取りを行なうのであれば準備が大事です

庭のお手入れはコツを掴めば楽しくなります 庭のお手入れはコツを掴めば楽しくなります

初めての草取りを行なう際に気を付ける事

効果的に草取りを行なうなら

初めて雑草取りを行なうのであれば、注意しなければならないことは多いです。例えば服装です。生い茂った雑草の草取りを行なう時に半袖や半ズボンだと肌にダニなどの害虫がつき、虫刺されができる可能性があります。他にも、真夏に雑草取りを行なう際に帽子を身に着けていない場合、熱中症になることもあり、最悪命に関わることもあります。そうならないためにも、服装には気をつけましょう。

芝刈り機械~初めての人が知っておきたい注意点~

芝刈りに芝刈り機を用いる場合も草取りと同じく服装には気をつけましょう。服装を誤ると怪我の元になります。

芝刈り機を取り扱う時は怪我しないようにする

芝刈り機を使う際は大きな事故にならないように気を付けましょう(専門業者)

芝刈り機を扱う時も、草取りと同じく長袖長ズボンの服装が好ましいです。なぜなら、電動芝刈り機を使用すると小石が刃に当たった場合、弾き飛ばされた小石が足に当たることが多く、怪我をする可能性があるからです。また、腰に当たらなくても、人に芝刈り機が触れれば大怪我をすることになるので使用中は近くに人やペットなどを近づけないようにしましょう。また、停止する時は誤作動しないように電源を切り、保管するときはカバーをきちんと掛けておきましょう。

間伐はトラブルの原因になりやすい

間伐を自分で行なうのは極力避けましょう。間伐は木が大きければ大きいほど自分で行なうリスクが高くなります。

自分で間伐作業をしてしまうとトラブルが起きてしまう可能性大

伐採

間伐作業を業者に頼まずに自分で行なうのは、リスクの方が大きいためあまりおすすめできません。間伐作業のために木を伐採した場合、木の倒れる方向を誤ると大惨事になることがあり、損害が発生します。また、伐採した木はそのままにしておくと害虫の住処となる他、庭の景観を著しく損ねるため、撤去しなければなりません。これらのことからわかるように、個人で行なう間伐はメリットがほぼないのです。

TOPボタン